このままでは、やばい日本の晩婚化。

日本が晩婚化していることは、皆さん聞いたことがあるでしょう。2012年の調査によると初婚の平均年齢が、男性30.7歳、そして女性29.7歳となっています。そして、初婚の平均年齢は、年々高くなっているのが実状なんです。
こんな状況ですから、30代の男性も女性も結婚していない人がたくさんいるんです。皆さんの周りにも、30代、40代で未婚の人が結構いるんじゃないでしょうか?
日本にとって晩婚化は何を意味するか分かりますか?そうです、晩婚化は晩産化につながり、日本の少子化がさらに深刻になるんです。実際、今年になって初産の平均年齢が、30.1歳と初めて30歳を超えました。そして、昨年のデータになりますが、昨年の出生数は、1947年以降最も少なく、105万698人でした。これは、一昨年よりも2万606人少ない数になります。さらに、女性は35歳を超えると、4人に1人は不妊の治療を受けると言われているように、妊娠する確率が低くなってしまいます。もちろん高齢出産が増えている中で、発達した医療技術のお陰で、高齢出産に成功している人達はいます。でも、出生率は、たった1.39人で、日本の人口は減るばかりです。晩婚化そして晩産化の現象は、日本にとって、これからの日本社会を支える若者の減少につながり、痛いのです。
未婚の皆さんへ、日本の明るい未来のためにも、結婚し、子供を持ちませんか?

参考サイト

結婚相談所で真剣に婚活・・・異性と知り合う機会の少ない人でも結婚相談所でゴールイン!その体験談を惜しみなく公開してくれるサイトです

お友達リンク

新着情報